タカモリのアタランタ溺愛ブログ

セリエA,アタランタB.Cの情報を私的にまとめたブログです

第6節フィオレンティーナ戦に向けて


全てのアタランタファンに




試合前日会見にてガスペリーニのコメント
ガスペリーニ:いつも通り 我々はベストな状態でフィールドに向かう
自分たちは早さ、若さ、アグレッシブさを持っていると理解している
目標を確認するための重要な試合になるだろう

今年のフィオレンティーナは夏のメルカートで大量放出したにも関わらず ピオーリ監督のもと新戦力共に去年に負けて劣らずの強さを持っている 非常に危険な相手だ


アタランタがまた今年もEL権を手にするにはリーグ6位以内、もしくはコパイタリアの優勝が条件になってくる
新シーズン、アタランタよりも上の戦力を持っているのはユヴェントスナポリインテル、ローマ、ミランラツィオ そして同等の戦力を持つのがフィオレンティーナサンプドリアトリノ。 上のチームが失速し落ちてくることは考えられるが同等の戦力を持つチームと対戦し勝つことができなければ再びEL権を手中に収めることはできない

繰り返すがフィオレンティーナ戦は重要な一戦だ



そしてガスペリーニは遂にスピナツォーラを招集した
ユヴェントスのローンを一年早めて帰還することが夏に話題になっていたが アタランタが拒否し残留が決まった
スピナツォーラはユヴェントスに帰りたいとコメントしていたこと、コンディションの影響から 開幕5試合 召集されていなかったが フィオレンティーナ戦を前にして召集が決まった
公式スターティングメンバー

召集メンバー
95 BASTONI ALESSANDRO
1 BERISHA ETRIT
13 CALDARA MATTIA
21 CASTAGNE TIMOTHY
9 CORNELIUS ANDREAS
4 CRISTANTE BRYAN
15 DE ROON MARTEN
11 FREULER REMO
91 GOLLINI PIERLUIGI
10 GOMEZ ALEJANDRO
8 GOSENS ROBIN
32 HAAS NICOLAS
33HATEBOER HANS
72 ILICIC JOSIP
27 KURTIC JASMIN
28 MANCINI GIANLUCA
5 MASIELLO ANDREA
7 ORSOLINI RICCARDO
6 PALOMINO LUIS
29 PETAGNA ANDREA
31 ROSSI FRANCESCO
37 SPINAZZOLA LEONARDO
3 TOLOI RAFAEL
20 VIDO LUCA

8月10日 アタランタメルカート

夏のメルカートは残すところ2週間を切り
チームが固まってきた中さらなる強化に向けフロント陣は動き続けています

オフ明け前に
ベリシャ
カスターニュ
パロミロ
オルソリーニ
ヴィド
イリチッチ
を 買取り チームの基盤を作った中で
ドルトムント、リールなどと練習試合を重ねた
ここにハードワーカーとして

オランダ人MF デローンの加入が決まった

ケシエの守備力を補う形で行われたこの移籍は
推定移籍金額€13.5m+B(€1.5m)

ミドルズブラの要求額は€20mだったことを考えるとかなり値引きができた



メルカートが始まる一番はじめに噂が上がったデローンの獲得が一時消え、諦めたかに思えた選手を連れてこれたことはかなりポジティブであると思える


さらに スピナツォーラがユーベに復帰する可能性が高まる中、穴埋め役として
ジェノア所属 ウルグアイ人MF ラクサールの獲得も目の前だ
ジェノアの要求額は€10mでそこまで高額ではなく 即金で買える金額であるものの
スピナツォーラが退団したときのみに購入するというのが規定路線だ

今年はセリエA、コパ ELと3つのレギュレーションを戦う アタランタは 控えの重要度が増してきている
スピナツォーラの控えは今の所ローンから戻ったゴセンスという選手のみだが まだまだ 戦い抜く力はない
そういう意味でスピナツォーラの退団に関係なくラクサールを獲得することを私は推している

また、カルダーラが個人トレーニングから全体練習に復帰していないこと、メレゴーニ バストーニがU19の試合でツィンコニアを離れている点がガスペリーニの不安点である

9月中旬からELのGLが始まるまでに不安要素を解決できれば今年もいい結果望めるのではないでしょうか

今年も若手躍動の年であって欲しい
特に生え抜きのメレゴーニ バストーニ ゴリーニに期待している

スタジアムを購入

Official
アトレティアズーリディターリアの購入を発表しました


ペルカッシのコメント

ベルガモのスタジアムがアタランタアタランタのファンのホームになりました
最終的に所有できたことは大きな喜びです
これは我々のクラブの未来と前に進むための 基盤的な一歩です
今日,ベルガモは歴史を作りそして すべてのアタランタファンは誇りに思わなければならない
私たちは私たちのファンを迎えるため,スタジアムをさらにモダンにしていくための投資をし続けています

ベルガモ市長
街に新しさを与えるために決定的な一歩になる。就任して最初の選択はスタジアムの売却を選んだ。並外れたシーズンとともにアタランタのファンが夢の実現を見るチャンスを与えたかった。コミッショナーと関与した役所、そしてペルカッシに感謝したい。この交渉は非常に複雑であったからね

ベルガモの街


我々、アタランタはプロジェクトにおいて建設現場に身を捧げることができる。私たちは街中で維持するスタジアムは街全体を改善しさらには蘇らせる鍵になりうるだろう



また、8月10日に練習試合をバレンシアと行うので是非見て欲しい
LIVE: sportube.tv/live
ハイライト: sportube.tv/registration

今年のアタランタも恐ろしい



イリチッチのゴールでドルトムント勝利で威信を示す
素晴らしいパフォーマンスとドルトムントに対する気迫で勝利した キャッシュポイントアリーナにてベルガモネラッズーリはドイツを1-0で粉砕した
イリチッチのゴールは26分、競り合いのなかから放ったシュートは決定的であった
また、前半終了間際にクルティッチの仕掛けからの場面。後半、カスターニュのシュートが惜しかった
やはり、NO.72のスロベキア人が試合を決定づけた

明日 朝に ガスペリーニによるトレーニングのため ベルガモに戻り ノヴァーラとのフレンドリーマッチに備える

BORISSE DORTMUND-ATALANTA 0-1
0-1 26 分 イリチッチ

BORUSSIA DORTMUND: びゅるき (1 分レイマン), パスラック, トプラク, スボティッチ, ベステ, ダフート, プリシッチ, ローデ, ゲッツェ (18分 ザカドゥー), フィリペ, イサク. 監督 ボス.



ATALANTA: ベリシャ, トロイ, パロミノ, マジエッロ (31 'st マンチーニ), カスターニュ, クリスタンテ (31' st ペッシーナ), フロイラー (31 'st ハース), スピナツォーラ (31' st ゴセンス), クルティッチ (31 'st オルソリーニ) ペターニャ (31 'st コルネリウス), イリチッチ (31' st ヴィド). 監督 ジャンピエロ ガスペリーニ

都合上、試合自体見れませんでしたが
格上中の格上に勝利できたことは開幕に向けポジティブな案件でした

特に前シーズンの土台に イリチッチ、オルソリーニ ヴィド カスターニュ パロミノという実力派、有望若手を手にし 選手層もぐっと厚くなった
ELとセリエAを同時に戦うための準備も進んでいる様子なので アタランタがもうワンランク上のクラブになって行く一歩を踏み出すシーズンとなりそうだ

17-18 ポジション争い予想図

今日の3:30にvsボルシア・ドルトムントに向けジャンピエロ・ガスペリーニはガチガチのメンバーでイレブンを組んでくるでしょう
仮想ローマには十分な相手なので 開幕戦が予想できます。
今シーズンの顔ぶれが固まったこの時期に ポジション争いの構図を予想してみました

CF:ペターニャ コルネリウス
ST:Aゴメス イリチッチ ヴィド
OMF:クルティッチ オルソリーニ メレゴーニ
LIH:フロイラー シュミット
RIH:クリスタンテ ハース
LWB:スピナツォーラ ゴセンス
RWB:カスターニュ ハテボエル
LCB:マジエッロ バストーニ
RCB:トロイ パロミロ デルプラト
CB:カルダーラ マンチーニ
GK:ベリシャ ゴリーニ ラドゥノビッチ ロッシ

まずFWから

(Aゴメス)
Aゴメスはスタメン確約でしょう
クラブ史上 最高値の年俸(€200万)で7月に契約更新しました CFは去年同様ペターニャが1stチョイスが、練習に帯同していないのでもしかするとローマ戦にコルネリウス又ヴィドが出場するかもしれません
MFは

(クルティッチ)
ポジション争いで注目はプレシーズン目立ちまくったオルソリーニ 相手は実力派クルティッチだが クルティッチはIHも可能なので 彼をIHに押しのけてポジション奪取なるか注目
オルソリーニに押されてクルティッチがIHおさまるポジションもリール相手に得点したクリスタンテがいる 中盤のポジション争いは激化しそうだ
WB

(カスターニュ)
特にコンティが抜けた所に 新加入 カスターニュとローンバックのハテボエルが争う形、ここは差があまりないので面白い
CB

(バストーニ)
マンチーニ、バストーニがポジションを奪うくらいの勢いでやってくれないとEL,レギュレーションともに苦しくなってくる 18歳と若いが頑張って欲しい
GK

(エトリト・ベリシャ)
ベリシャを完全買取し ゴール前を安定させた
さらに2nd,3rdは22歳21歳と若い
ドンナルンマのように 実力派を押しのけてくれるとアタランタの未来はさらに明るくなる

長くなりましたが 各ポジションに若手が配置されているところやはり育成クラブということを再認識できます この中で誰が台頭してくるのか楽しみなシーズンですね
お気に入りの若手を見つけてください

アタランタ、開幕に向け順調

早い段階で 選手の売却 獲得をしてきたペルカッシSD
プレシーズン 練習試合

GIANA ERMINIO戦

開始13分 相手コーナーからボナルミ
攻防が続き
14分 オルソリーニのクロスからコルネリウス
35分 オルソリーニのプレスに相手GKソシオがオウンゴール
前半終了
ガスペリーニは11人交代

後半開始
幾つかのチャンスメイクの後
後半38分 左サイド、スピナツォーラの崩しから ヴィドのヘッド
試合終了
終結ATA(3)-GEA(1)

リール戦

前半開始
前半14分 クリスタンテ ゴール
前半終了
後半開始
後半終了
終結果1-0

FC STEINACH

若手選手が大きくアピールできたプレシーズンだったのではないかと思います
今回 よくアピールできている選手を個人的に挙げるとすれば
・オルソリーニ

オルソリーニのチャンスメイクはセリエAのチームに対しても通用するものであると思われます
・クリスタンテ

彼は去年からアタランタに在籍しケシエ(ミランへ移籍)のサブとしてプレーしていました
プレシーズンに来て 同ポジションの若手選手が加入し 競争が激化する中 リールの得点を始め、意欲的でよくアピールできている 競争が良い方向に作用していると言えるでしょう
コルネリウス

彼のSTEINACH戦での得点力には驚きました
コルネリウス(193cm)は高さが武器です
特に3412のフォーメーションではターゲットマンに相手の目が集まるとシャドーのFW ,トップ下の選手が自由に動け さらに相手DFの視線が真ん中に集中すれば両WBからのチャンスメイクで攻略することが可能、また力技での得点もできるのでいいオプションです

この3選手のポジション争いをする相手は
オルソリーニ→イリチッチ
クリスタンテ→ペッシーナ シュミット ハース
コルネリウス→ペターニャ
オルソリーニは実力者イリチッチ。今シーズンに完全にスタメン奪取がで切るかどうかというところ
クリスタンテはすでにスタメン計算されていますが 同プリマ出身 ペッシーナ サンパウロ出身シュミット ATAプリマ出身 ハースと若手のポジション争いで一番拮抗するポジション スタメン安定させられるプレーに期待
コルネリウスは 身長は10cm近く小さいものの昨シーズン大きく評価を伸ばしたペターニャ。彼はフィジカルがつよく 前線でボールを収めることができ エース:Aゴメスと親交が深いのでスタメンを奪うのはかなり難しい
が、彼の弱点は 得点力。コルネリウスがチャンスをしっかりものにできれば スタメンも見えてくるのではないかと思う

彼ら以外にも注目の若手選手は多くプレシーズンでも彼ら同様かなりアピールしていたその中で例を挙げれば
FWヴィド
FWメレゴーニ
MFシュミット
MFハース
MFゴセンス
SBカスターニュ
SBハテボエル
CBバストー
CBマンチーニ
GKゴリーニ
GKラドゥノビッチ
と沢山いるので お気に入りの若手選手を見つけれくれたらいいなと思います
今年はELの出場が決まっています
若手の出番が増えるので彼らのプレーを自分の目で見ていただければと願っています

アタランタ公式発表と新しい噂7/16

ルフレッドペデューラ
7月14日
ベネヴェントはマルコダレッサンドロの獲得でアタランタとクラブ間合意に達した

7月14日
ベネヴェント公式
公式サイトでアタランタから1993年生まれのDFベラト ジムスティをローンにて獲得
7月14日
アタランタ公式
オルソリーニがベルガモ
オルソリーニは新しいベルガマスコの選手になった
アタランタユベントスからオルソリーニを.2年単純ローンで獲得

7月14日
トゥットスポルト
アタランタが6月から狙ってきているミドルズブラのデローンについてフィオレンティーナがファーストチョイスとしてリストアップ


7月15日
アタランタ、アベッリーノ公式
1996年生まれのDFアントン クラシッチアタランタからアッベリーノへレンタル放出される
このクロアチア人は昨年トラパーニへレンタルされていた選手だ

7月15日
アタランタ公式
アタランタ所属のルカ ヴァルザリアはペスカーラにローン移籍

7月15日
インタビュアー マリナベロッティ
ボヌッチミラン行きを決めわかりとなる選手が必要となったユーベ そこに浮上したのがローン残り一年を切り上げて戻すという案
これについて
ペルカッシ(アタランタSD):カルダーラは今年ユベントスにいきません 彼がベルガモから去るのは来シーズンになるでしょう


7月16日
calciomelcato.com
現地ミラニスタツイッターでハッシュダグでロカテッリを守ろうと発信
マヌエルロカテッリの噂の中心にいる トリノユベントスが興味を持っているようだ
ロッソネリファンはネットで #Locatellinonsitocca
というハッシュタグを発信している
意味はロカテッリに触るな
どうにかして彼を守りたい