アタランタ溺愛ブログ〜Adoro La Dea!〜

セリエA,アタランタB.Cの情報を私的にまとめたブログです

8月10日 アタランタメルカート

夏のメルカートは残すところ2週間を切り
チームが固まってきた中さらなる強化に向けフロント陣は動き続けています

オフ明け前に
ベリシャ
カスターニュ
パロミロ
オルソリーニ
ヴィド
イリチッチ
を 買取り チームの基盤を作った中で
ドルトムント、リールなどと練習試合を重ねた
ここにハードワーカーとして

オランダ人MF デローンの加入が決まった

ケシエの守備力を補う形で行われたこの移籍は
推定移籍金額€13.5m+B(€1.5m)

ミドルズブラの要求額は€20mだったことを考えるとかなり値引きができた



メルカートが始まる一番はじめに噂が上がったデローンの獲得が一時消え、諦めたかに思えた選手を連れてこれたことはかなりポジティブであると思える


さらに スピナツォーラがユーベに復帰する可能性が高まる中、穴埋め役として
ジェノア所属 ウルグアイ人MF ラクサールの獲得も目の前だ
ジェノアの要求額は€10mでそこまで高額ではなく 即金で買える金額であるものの
スピナツォーラが退団したときのみに購入するというのが規定路線だ

今年はセリエA、コパ ELと3つのレギュレーションを戦う アタランタは 控えの重要度が増してきている
スピナツォーラの控えは今の所ローンから戻ったゴセンスという選手のみだが まだまだ 戦い抜く力はない
そういう意味でスピナツォーラの退団に関係なくラクサールを獲得することを私は推している

また、カルダーラが個人トレーニングから全体練習に復帰していないこと、メレゴーニ バストーニがU19の試合でツィンコニアを離れている点がガスペリーニの不安点である

9月中旬からELのGLが始まるまでに不安要素を解決できれば今年もいい結果望めるのではないでしょうか

今年も若手躍動の年であって欲しい
特に生え抜きのメレゴーニ バストーニ ゴリーニに期待している