アタランタ溺愛ブログ〜Adoro La Dea!

セリエA,アタランタB.Cの情報を私的にまとめたブログです

第12節終了時点のポジション別 序列

インターナショナルウィークに入り、過密日程から 解放されたアタランタ

開幕からシーズン3分の1が経過しようとしている シーズン序盤と比べ出場メンバーに変化が出てきた

8月にポジション争いの記事からどのようになったのか比較していこう

ターンオーバーや出場停止などを考慮しない場合のベストメンバーは以下のようになる

CF①ペターニャ②ヴィド③コーネリウス

LWG①ゴメス②オルソリーニ

(ST 3512-時)❶ゴメス❷イリチッチ③オルソリーニ

RWG①イリチッチ②オルソリーニ

(OMF 3512-時)❶クルティッチ❷クリスタンテ③メレゴーニ

LWB❶スピナツォーラ❷カスターニュ③ゴセンス

LMF①フロイラー②デルーン③ハース

RMF❷クリスタンテ❷デルーン③メレゴーニ,シュミット

RWB❶ハテブール❷カスターニュ

LB①マジエッロ②パロミノ③バストーニ

CB❶カルダーラ❷パロミノ③バストーニ

RB①トロイ②マンチーニ

GK①ベリシャ②ゴリーニ

黒丸はターンオーバー使用可能

CF

今年、3421が主流となったのでCFは1人となった 開幕直後はペターニャのコンディションが悪くコーネリウスがスタメンに名を連ねていたが エヴァートン戦以降はペターニャが持ち直し序列を戻した

ペターニャ

最近では 19歳ヴィドがコーネリウスを差し置き交代出場するなど加入以降、成長を見せ 監督に冬にローン移籍の可能性を完全否定させた

ヴィド

LWG

左はオルソリーニの主戦場ではなくゴメス1人で回している 今年代表にも選出され ターンオーバーを余儀しなければならないので3521を常に使い続けることは難しい 去年に比べ 彼自身が得点するシーンが大幅に減ったことからチームの得点力は落ちてしまった

ゴメス

RWG

開幕当初 イリチッチとRWB,RMFの選手の連携が悪く技術を活かすことができなかったが カンピオナート,ELでの試合を重ね 練度が上がった コンティ退団による右の攻撃力の低下を回復させた

イリチッチ

オルソリーニは相変わらず途中出場のみであるが U21の活躍を見せればスタメン今日も見えてくるだろう 期待したい

LWB

スピナツォーラの移籍騒ぎやコンディション不良のため カスターニュが起用されていたがユヴェントス戦以降はLWBの座を完全にした

スピナツォーラ

右として加入したカスターニュと左として加入ゴセンス カスターニュが左右できること ゴセンスの攻撃力があまり高くないことから カスターニュが任されることも多い ゴセンスはスピナツォーラとの交代で出場数は7

LMF

昨冬にガリャルディーニが退団してからフロイラーがこのポジションをキープし続けている ELとセリエの2大会をほとんど彼が出場し ガリャルディーニ同様 ソリッドな選手であることを証明している スパル戦では一発退場したが彼に変わる選手が物足りない

フロイラー

RMF

アタランタでの活躍から移籍し€12Mとアタランタとして高額な移籍金で再加入したデルーンがガスペリーニを満足させられなかった クリスタンテの成長により 序列が入れ替わってしまった

クリスタンテ

デルーン

RWB

このポジションがもっとも苛烈でハテブールとカスターニュが正ポジションを争っている ハテブールのスピードとカスターニュの技術がよく 監督を悩ませる ハテブールが一歩リードしている状況で 彼はそのうちコンティのようになるかもしれない

ハテブール

LB

31歳のマジエッロが厚い信頼を寄せられている 彼の機動力は健在で 守備範囲の広さ コンタクトの強さはアタランタにとって武器だ 控えがパロミノだが彼ほどの守備範囲はなく出場は数試合にとどまる マジエッロは高齢で後釜探しがしばしば報道される

マジエッロ

CB

カルダーラパロミノと続く パロミノは空中戦に強くこちらでの出場が主 シーズン終了時にユヴェントスにローンバックされるためこちらも後釜が必要

カルダーラ

RB

トロイはCBでありながら攻撃力がある選手 11節ではトロイとイリチッチの連携からゴールが生まれた インテルが彼の獲得に興味を示しているが 戦力的に彼を手放すことはできないだろう 27歳とピークの選手なので 売るなら今かもしれない

トロイ

前の記事で3センターバックのうち 21歳マンチーニ18歳バストーニたちの成長がなければターンオーバーは厳しいと指摘しました 現行、トロイ マジエッロが頑張ってくれていますが 若手たちの出場は少ない

マンチーニ

マンチーニはアッズリーニで不動のCBとしてプレーし、ゲームキャプテンも任されている クラブでも世代別代表としてしっかり活躍して欲しい バストーニはもう少し時間が必要だと思う

GK

昨年ローンでラツィオから加入し 今年完全移籍を果たしたベリシャが正キーパーの座をガッチリ掴む ユベントス戦の終盤に決勝点となりうるディバラのPKを止めたときは感動的であった 26歳のロッシを抜いて22歳ゴリーニが2番手をつけるものの出場は2試合にとどまる

ベリシャ

開幕からフォーメーションが3421と3412を使い分けるも得点力が課題 冬のメルカートで騒がれるポジションはCBとCFだ

次節インテル戦の個人フォーメーション予想! 代表として出場しているのはアレハンドロゴメスだけで さらに親善試合であり途中出場なので疲れもないことから 出場停止のフロイラーを除いてフルメンバーだろう 交代メンバーの予想は ペターニャ→ヴィド ゴメス→クルティッチ クリスタンテ→ハース

これは当てずっぽうです笑

インテルはブロゾピッチやカントレーバが WC予選のプレーオフに出ているため 多少の疲れもあるのではないでしょうか ここでインテルの勢い止めて CL権から引きずり落としましょう