アタランタブログ〜Adoro La Dea!

セリエA,アタランタB.Cの情報を私的にまとめたブログです

ローマ-アタランタ戦 戦術ノート

L'ultimo uomoの記事を 自分で訳し ガスペリーニのローマ対策がどう行われたのかについてのメモです

実質 無断で訳しているので 問題があれば 記事ごと消そうと思います

まずいと思った方は コメントお願い致します

ultimo uomo 記者 フェデリコ アクエ ガスペリーニによるアタランタの素晴らしい試合は最近のネガティブな結果の試合からディフランチェスコのチームの構造上の問題を暴いた

ローマはクリスマス休暇で問題を放置しなければ チャンスを選べたかもしれない ちょうど20日間で 実際に ローマはイタリアカップに敗退しユベントス相手にも勝ち点を失った サッスオーロでも引き分け 最終的にアタランタに敗北した 気にかかるのは 2-1という結果ではなく ファーストレグの劣った感覚だ それはデローンが退場したあとのでさえでもある フィールドにおけるは問題それに加え 大晦日の有名なナインゴランの動画よってもたらされた 彼は 審判員からアタランタ戦に出場停止の罰則をうけ ローマの中盤は弱められ デ・ロッシは出場できなかった 簡単に言えば 1月の休みは中盤の状況を吟味する,最近発生した様々な批判的なことを排除する良い機会だっただろう

エウゼビオ ディフランチェスコ がデリケートな時間に直面するのは初めてのことではなかった:それはシーズン序盤(メルカートの期間)にも起こっており,特にもしディフランチェスコのようなゲームに明らかな原則がある場合 ローマはかなり短い期間に新しい監督の考えを吸収できる 結果と試合が改善されたのはその適応性のおかげでありさらにディ フランチェスコの採用したものは独断的なものというより 最良のプレイヤーのキャラクターを歪めないためのものだった 近い数週間に関連するものはディフランチェスコの戦術的な理由による 結果の観点からみて 今は彼がローマに来て最悪な時、一位から遠のくという点から感情面もあるかもしれないが アタランタ戦前に説明した取るべき態度を見つけることだ

しかしながら フィールドで発生した欠点は 今シーズンのファーストゲームと同じでディフランチェスコの干渉は一時的かつ非構造的な影響である ローマの構造はまた 発展途上に戻った それは サイドの連携を部分的に放棄し mezzali(アタランタ戦においてはゴナロンのポジション)と共に 内部のスペースをより開発し ジェコにボールを供給する方法を選んだことだ

問題① 底からの構造

アタランタはジェコを強くマンマークし戦術的にCBが直接する形をとった しかし 真の問題は フィットしたタスクからジェコを発散させる戦術:ジェコが空中戦で勝つことや ボールを守り チームメイトが上がるための時間を作る の進捗度合いである それにはコラロフやフロレンツィのようなチームメイトは重要である 前半は右からのパスが繰り返された

これにガスペリーニは対応し ローマはペレッグリーニとストロートマンはマークされ ローマのキャプテンはジェコへのパスを選ぶ カットされコルネリウスのゴールへつながる

ガスペリーニによって 作られたマーキングは中盤のペレッグリーニ,ストロートマンとゴナロンにおいて際立っていた 特にイリチッチのチェイスを回避するには中盤のマークがあることでパスを出す先がなく,そしてローマのMFはファーストハーフを通して構造面で貢献することができない

中盤の最初の問題はローマのスタイルに関するより構造的な欠点であった 知っての通りディフランチェスコはフィールドに対して縦の構造や深く早い攻撃を好む 少しでもドリブルするフェーズをなくし敵のラインを混乱させ フィニッシュする時間をマネジメントする監督だ

1番初めの ゴールへと攻撃するための必要な状況を作らずにボールを前へ導くローマの縦へサッカーはアタランタに対しても真に凶暴化する

下の図は例である アタランタ側の真ん中付近にいるのはエルシャーラウィのみ ファシオはその深くを見ていて それを不正確なフィルターでそれを追う (要はバレバレ) そして アタランタへとポゼッションがうつる 結果デローンのゴール

ある部分 構造的な問題はジェコの孤立と混在している なぜなら ストロートマンとペレッグリーニはジェコへのアプローチのためにチームが広がってしまうこと 彼と共にそのエリアでプレーすること,アタランタのCBを引き出すことを心配しているからだ 一方で前線へのパスのセーフラインを供給できない

前半を通して 戦術的前進において貢献はほとんど無くで唯一逆方向へ動く選手のみで 彼はボールを運ぶ選手から距離を離さなかった それはペロッティだ 戦術的にそこまで改善したわけではないがひとつひとつ彼のクオリティで ローマはマークに磨きがかかり アタランタのフォーメーションの内側にボールを動かす状況を作り出すことはできた

問題② ディフェンシブ トランディジョン

コントロールの破棄したことは中盤の2つのサイドに影響を及ぼした:1つは戦術の構造 もうひとつは ネガティヴトランディジョンへの準備がないこと 長い距離でのプレーはミスの場面から守備へと移行させる段階でボールエリアを短くすることを難しくさせる チームがかなり攻撃的な時に非常に深刻な問題ですべての不正確なフィルタリングがディフェンスシステムに持っていくためのプレッシャーがおくれる原因を作っている

もし 戦術を議論する上でフィジカルコンディションやメンタルコンディションがサポートされていない場合 正しい動きや正しい選手自身の選択によるが ディフランチェスコの極度の縦への力が問題になっている それが構造のクオリティの低下と必然的にカバーが不可能になる開いたスペースなのだ 直近の苦しんだ3つのゴールではすべてリスキーなパスやボールを押し上げる時に開いたスペース それによるプレスの遅れによる デローンからコーネリウスへのパスも同じである

もし 相手が縦へ行くためのプッシュが早熟で 崩壊しそうなディフェンスラインならばディフランチェスコのプレスシステムにとってローマはプレッシングしポゼッションサッカーをする敵やスペースへ質の高いビルドする敵を相手にするまでうまくプレーしていた

問題③ プレスシステムや縦に早いサッカーが作用しない時 壁にぶつかること ローマのシーズン当初プレッシングの質は多分最も素晴らしかった しかし 全てサポートされ 短くキープされさらにプレスシステムの逃げに身を確保される 3トップがアグレッシブで CBと中盤を深いカバーを整備されているがトランディジョン時の攻撃を熱くしているチームと対する時、 縦への攻撃が その硬さを弱くしている (ボールサイドに絞ったチームのウィークポイント)

そして 足の遅いDFの後ろを攻撃のポイントとした 特にファシオ で 弱いだけでなく攻撃に比重を置くコラロフのサイドに攻撃に重きを置いた また ゴメスがフロレンツィのサイドを攻撃した時だけでなく ゴメスがそのスペースでポゼッションを維持し 再征服を硬くした時もである

ガスペリーニのメリット ガスプとディフランチェスコによるチームへのサポート面でも大きな違いを生んだがそれに加え ミラン ナポリに勝利したこととカリアリの敗戦がチームを向上させた また、アタランタはゲームの様々なシーンをマネジメントし ローマの横への動きの短さと攻撃を難しく見せさせ ゴメスとイリチッチによってゲームを変えていった ガスペリーニは1点を取られた時に 621をとり ローマのポゼッションをあずけた マジエッロがシックをマークしフロイラーがゴナロンをコントロールした そしてCBの2人がファラオーネをしめて 結果 失点することなく試合を終えた